大相撲

9月場所、朝青龍の優勝で終わってしまいました
取り組みは素晴らしいものだったにも関わらず、あのガッツポーズは相撲としては
いかがなもんかと思います
話題になっていて、いろんな人がいろいろ言っています。
その中に私も入っていますが・・・・

内館牧子さんがインタビューで「アスリートたるもの・・・」と言われていましたが、
私はそれには
他のスポーツでは、ガッツポーズはよくあるものですよね~
国技としての相撲道には反する、と、言ってほしかったなぁ・・・・
その言い方なら、ただ単に、バッシングとなってしまうのではと、思いました

格闘技の世界に身を置いているなら、あのガッツポーズは最高だと思います。
でも、相撲という世界にいるのだから、その風習や相手を思いやる日本人の心の
部分は継承してもらいたいです

優勝パレードの中で、思いっきりガッツポーズをする事にしてほしい


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック